2019年5月23日(木)

米国のパスポートで出国 ゴーン元会長妻

ゴーン退場
自動車・機械
ヨーロッパ
2019/4/7 20:48
保存
共有
印刷
その他

【パリ=白石透冴】日産自動車元会長、カルロス・ゴーン容疑者の妻、キャロルさんが東京地検特捜部の聴取について「危険を感じた」として応じないまま5日夜に日本を出国し、パリに到着したことがわかった。7日付の仏紙ジュルナル・デュ・ディマンシュがインタビューを報じた。

【関連記事】「仏政府は行動を」 ゴーン元会長妻、介入を要請へ

ゴーン元会長と妻のキャロルさん(2017年5月、フランス・カンヌ)=ロイター

ゴーン元会長と妻のキャロルさん(2017年5月、フランス・カンヌ)=ロイター

キャロルさんは「(ゴーン元会長が)英語で自身の見解を録画した。今回の事件に責任のある人物を指摘したいと思っていたからだ」と語った。東京地検にレバノンのパスポートが押収されたため、米国のパスポートで出国したことも明かした。マクロン仏大統領に介入を求めたところ「夫のためにできること全てをする」との回答があったという。ただ、フランスに支えられていると思うかとの問いには「思わない。公正な裁判が受けられるようにしてほしい」と語った。

【関連記事】ゴーン元会長妻が出国、聴取要請に応じず

ゴーン元会長は日仏連合のトップを務めた後、「教授になって、若い人を助ける」などの考えを持っていたと話した。特捜部は4日早朝、ゴーン元会長を会社法違反(特別背任)の疑いで逮捕している。逮捕は4回目。

訂正>7日20時48分に公開した「米国のパスポートで出国 ゴーン元会長妻」の記事中、妻、キャロルさんが「東京地検特捜部の聴取について『危険を感じた』」ことを理由に日本を出国したとありますが、引用した仏紙のインタビューの中で「東京地検特捜部の聴取について」とは述べていませんでした。(2019/4/12 22:55)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報