ゴーン元会長妻が出国、聴取要請に応じず

2019/4/7 14:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)の特別背任事件で、東京地検特捜部が聴取を検討していたゴーン元会長の妻、キャロルさんがすでに出国していたことが7日、関係者の話で分かった。妻は資金流出先とされる企業の代表を務めており、特捜部は参考人として経緯などの説明を求める方針だった。

【関連記事】「仏政府は行動を」 ゴーン元会長妻、介入を要請へ

しかし、妻は任意聴取に応じなかったという。特捜部は東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]