2019年7月19日(金)

統一地方選、前半戦の投票始まる 7日深夜に大勢判明
11道府県知事選・41道府県議選、6政令市長選・17政令市議選

2019/4/7 0:00 (2019/4/7 7:46更新)
保存
共有
印刷
その他


第19回統一地方選の前半戦となる11道府県知事選、41道府県議選などが7日、投開票される。大阪は大阪都構想をめぐる府知事と大阪市長のダブル選だ。政治団体・大阪維新の会に、維新に反発する自民など各党が挑む。北海道知事選は唯一の与野党対決だ。6政令市長選、17政令市議選もある。夏の参院選に向け、各党の足場固めが進む。

【統一地方選特集ページ】https://r.nikkei.com/local-election2019?n_cid=DSREA001

投票時間は多くの地域で午前7時から午後8時まで。7日深夜には大勢が判明し、道府県議選などは8日未明に議席が確定する見通しだ。

知事選は北海道、大阪のほか、神奈川、福井、三重、奈良、鳥取、島根、徳島、福岡、大分の各道府県。このうち福井、島根、徳島、福岡の4知事選は自民勢力が分裂する戦いだ。政令市長選は大阪に加え、札幌、相模原、静岡、浜松、広島で投開票される。

道府県議選は岩手、宮城、福島、茨城、東京、沖縄の6都県を除く41道府県で実施される。総定数2277に対し、過去最少の3062人が立候補。このうち612人が既に無投票当選を決めた。政令市議選は仙台、静岡、北九州を除く17市で実施される。

【関連記事】
大阪の針路巡り火花 「4重選」 最後の訴え
与野党対決の北海道知事選、戦略の違い鮮明
選挙違反50件一斉摘発へ 統一地方選で全国警察
「忖度」辞任、政治力学に影 塚田氏を与党も突き放す

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。