/

S・ブレンナー氏が死去 ノーベル生理学・医学賞

米紙ニューヨーク・タイムズ電子版によると、分子生物学の権威でノーベル生理学・医学賞を受賞したシドニー・ブレンナーさんが4月5日、自宅のあるシンガポールで死去した。92歳だった。

死去したシドニー・ブレンナー氏=共同

1927年南アフリカ生まれ。英オックスフォード大で博士号取得後、主に英国と米国で研究した。DNAの遺伝情報を基にタンパク質を作る過程で働くメッセンジャーRNAを発見。体長約1ミリの線虫を使い、特定の遺伝子が臓器発生に関連していることを突き止めた業績で2002年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

沖縄科学技術大学院大の設立準備組織だった沖縄科学技術研究基盤整備機構で05~11年に理事長を務めた。(ワシントン=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン