妙見島(東京・江戸川) 流れる島は動かぬ巨艦に
今昔まち話

2019/4/6 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ゆったり流れる川の真ん中に灰色の「巨艦」が浮かんでいる。大きな箱のような建物が立ち並び、煙突やクレーンが空に突き出ている。傍らでは、コンクリートの護岸につながれた釣り船や屋形船が揺れていた。

旧江戸川の河口近くにある妙見島(東京・江戸川)は、南北約700メートル、東西約200メートルの紡錘形。東京23区で唯一、有人の自然島といわれる。

江戸川区と千葉県浦安市をつなぐ浦安橋が島の南端をまたぎ、橋の…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]