NY原油、5カ月ぶり高値 米雇用回復で

2019/4/6 7:31
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=後藤達也】5日の米原油先物市場で、指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート、期近物)が5カ月ぶりの高値を付けた。終値は前日比0.98ドル高の1バレル63.08ドル。5日発表の米雇用統計で米景気の堅調さが確認されたほか、産油国リビアの政情不安で原油の供給が細るとの観測も影響した。

米原油先物は3カ月あまりで5割ほど値上がりした=ロイター

米原油先物価格は週間ベースで5週連続上昇した。米景気の底堅さを背景に米国株とともに投機筋の買いが増えている。昨年末にかけ世界経済の減速懸念で40ドル台前半にまで下落したが、3カ月あまりで5割ほど値上がりした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]