/

この記事は会員限定です

地方でも働き方改革、イオンモールが初のオフィス複合型モール

「ノリタケの森」に21年秋開業、オフィス供給不足も

[有料会員限定]

地方の大都市で企業が新たな働き方を提案している。イオンモールは2021年秋、名古屋駅近くの「ノリタケの森」に初めてのオフィス併設型モールを建設。広島や福岡でも駅近くに複合施設が誕生している。勤務時間以外の過ごし方が重視される中、生活に密着した店舗を誘致。オフィスの供給不足が強まるとみられ、特徴ある施設で企業の需要を狙う。

イオンモールはJR名古屋駅近くの「ノリタケの森」地区にオフィスを併設した商業施設を建設す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン