/

この記事は会員限定です

上げきらない金相場、米中景気を楽観視

[有料会員限定]

金の上値が重い。米国や中国の景気が底堅いとの見方が長期金利を押し上げ、金利が付かない金の価格を抑えている。過去の上げ相場のレンジも意識されている。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る金融市場の混乱など、依然残る買い要因を織り込みきれていない。中東情勢が不安定さを増すなかでも、値動きの乏しい展開が続く。

国際指標のニューヨーク金先物は5日時点で1トロイオンス1290ドル台で推移する。3月下旬から下落が続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン