/

この記事は会員限定です

IHI、航空機部品でも検査不正 国交省が改善指導へ

[有料会員限定]

IHIが民間航空機のエンジン整備で検査不正をしていた問題で、同社が航空機のエンジン部品を製造する過程でも検査不正をしていたことが5日、わかった。国土交通省は近く一連の不正についてIHIに行政処分を出す方針。米ボーイングの新型機の墜落事故で航空機の安全性への関心が高まる中、中核部品を生産する日本メーカーの品質管理がいっそう問われそうだ。

IHIは民間航空会社からエンジンを引き取って部品の修理・交換...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り641文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン