2019年5月23日(木)

甲府に「信玄ミュージアム」 武田家三代を紹介

南関東・静岡
2019/4/5 19:28
保存
共有
印刷
その他

戦国武将・武田氏3代の歴史や館跡からの出土品などを展示・紹介する「甲府市武田氏館跡歴史館(愛称・信玄ミュージアム)」が5日、オープンした。同日開幕の信玄公祭り(7日まで)で、信玄役を務める俳優の山下真司氏らが出席してテープカットし、開館を祝った。

「信玄ミュージアム」の開館式でテープカットする俳優の山下真司氏(左から3人目)ら(5日、甲府市)

「信玄ミュージアム」の開館式でテープカットする俳優の山下真司氏(左から3人目)ら(5日、甲府市)

樋口雄一市長は「館跡や当時の城下町の見どころをわかりやすく案内している。武田氏の歴史や文化への理解を深めてもらいたい」と述べた。

今年は信玄の父、信虎が1519年に甲府に館を移して500年。市は同ミュージアムを「開府500年」の主要事業の1つと位置づけている。

特別展示室では出土品などを展示(甲府市)

特別展示室では出土品などを展示(甲府市)

歴史館は木造平屋建て530平方メートル。入館無料の常設展示室は武田氏3代の歴史をパネルなどで紹介。ほかに、約200点の館跡からの出土品や、館の変遷などを映像で伝える特別展示室(一般300円)などがある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報