/

この記事は会員限定です

「忖度」辞任、政治力学に影 塚田氏を与党も突き放す

[有料会員限定]

道路整備をめぐり安倍晋三首相と麻生太郎副総理・財務相の意向を「忖度(そんたく)した」と発言した塚田一郎国土交通副大臣が5日、辞任した。塚田氏は麻生氏に近く、問題の発言が飛び出したのも麻生氏が統一地方選で力を入れる福岡県の選挙応援の集会だった。ナンバー2である麻生氏と絡む背景があるだけに、政権内の力学に微妙な影響をもたらす。

塚田氏は麻生氏の秘書を経て政界入りした。麻生派に所属し「私は筋金入りの麻生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン