北陸信金と鶴来信金、小松空港応援の定期預金

2019/4/5 18:29
保存
共有
印刷
その他

北陸信用金庫(金沢市)と鶴来信用金庫(石川県白山市)は5日、小松空港の利用実績に応じて金利を上乗せする定期預金を8日に発売すると発表した。1年間の利用者数が前年を上回ると0.01~0.03%上乗せする仕組みで、地元の空港の利用促進で地域活性化につなげる。

小松空港応援定期預金「ドリーム」は8月30日まで販売する。1年定期で募集額は各金庫10億円。両金庫は1月に業務提携を発表しており、共同の預金商品の投入は提携後初めてとなる。

併せて健康増進型の定期預金も投入する。ゆうちょ銀行の預入限度額が今春から引き上げられたことで地域金融機関の預金流出が懸念されている。両金庫は魅力的な商品の投入で資金のつなぎ留めも狙う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]