塚田前国交副大臣の発言「でも私は忖度」→「おわびする」

2019/4/5 18:30
保存
共有
印刷
その他

大家敏志参院議員が吉田博美参院幹事長と一緒に「地元の要望がある」と副大臣室に来た。下関北九州道路です。吉田氏が私の顔を見て「これは総理の地元と副総理の地元の事業なんだ」と。私、すごく物わかりがいいんです。すぐ忖度(そんたく)します。「わかりました」と。総理とか副総理がそんなこと言えません。でも私は忖度します。国で直轄の調査計画に引き上げました。(1日、北九州市の集会で)

辞表を提出し、記者の質問に答える塚田氏(5日、国交省)

事実と異なる発言をしたことで大変な迷惑をかけた。国民の皆様におわびする。行政への信頼を損ね、国政に停滞を招く事態になった責任をとって辞職し、おわびする。議員辞職をする考えはない。大きな会合で雰囲気にのまれ事実と異なる発言をしてしまった。忖度した事実はない。辞任は私の判断だ。(5日、国交省で記者団に)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]