2019年5月26日(日)

企業倒産17件減、北関東3県の3月 東京商工リサーチ

北関東・信越
2019/4/5 20:00
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチがまとめた北関東3県の3月の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は、前年同月比17件減の25件だった。茨城が16件減の7件、群馬が5件減の7件、栃木が4件増の11件だった。業種別ではサービス業他が最も多く、建設業と小売業が続いた。

負債総額は合計で同42.7%減の39億3200万円だった。茨城が74.6%減の4億1600万円、群馬が82.7%減の4億8900万円、栃木が26.3%増の30億2700万円だった。負債10億円以上の大型倒産は発生しなかった。

茨城では「製造業を中心に企業の景況感が安定していたことに加え、金融機関の良好な融資姿勢を背景に倒産は減少した」(水戸支店)ようだ。一方、倒産件数が8カ月ぶりに2ケタとなった栃木では「事業停止と同時に破産申請を行った事例が目立った」(宇都宮支店)という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報