レバノンの還流先法人に実態なし ゴーン元会長

2019/4/5 19:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)の特別背任事件で、オマーンルートの資金の還流先となった会社は活動の実態がないペーパーカンパニーだった疑いが強いことが5日、関係者の話で分かった。元会長の知人の弁護士事務所を所在地としており、東京地検特捜部は資金の受け皿として設立されたとみて調べている。

この会社はレバノンの投資関連会社「グッド・フェイス・インベストメンツ」(GFI)。同社名義の預金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]