2019年4月20日(土)

金属弾、小惑星に「命中」世界初 はやぶさ2

科学&新技術
2019/4/5 17:08
保存
共有
印刷
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、探査機「はやぶさ2」から撃ち込んだ金属弾が計画通り小惑星「りゅうぐう」の地表に衝突したと発表した。はやぶさ2から分離した遠隔カメラが小惑星から噴出物が上がる様子をとらえ、金属弾が命中したことを確認した。

計画では、りゅうぐう表面に直径数メートルの人工クレーターを形成し、内部の岩石や砂をむき出しにして性質などを観察したり、採取して地球に持ち帰る。世界初の試みで、5日午前11時ごろにはやぶさ2から衝突用の装置を分離し、40分後にりゅうぐうに向けて重さ約2キログラムの金属弾を放った。

計画通り金属弾が小惑星に衝突したことが確認され、5日夕の記者会見でJAXAの津田雄一プロジェクトマネージャは「私たちは宇宙探査の新しい手段を確立した」と語った。

現時点で小惑星の地表に人工クレーターができたかどうかまでは分かっていない。はやぶさ2はいったんりゅうぐうの周辺を離れるため、成否が確定するのは4月下旬になる見通しだ。

クレーターをつくるのは、宇宙線や太陽光で風化していない地中の物質を採取するためだ。約46億年前の太陽系誕生当時の状況を知る手掛かりが得られると期待されている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報