/

この記事は会員限定です

AI研究者、大学脱出 企業で基礎研究 裁量大きく

[有料会員限定]

人工知能(AI)開発の第一線に立つ大学や公的機関の若手研究者が企業に相次いで移籍している。AIの応用先が広がり、多くの企業が基礎研究に力を入れ始めたためだ。海外でも企業が人材の囲い込みを急ぐが、大学の研究者は産学双方の立場で力を発揮する。日本の大学は兼業などの制度整備が遅れ、AI人材の供給がいつまで続くのか不安も残る。

AIを言語や画像の処理に応用する牛久祥孝氏は2018年、東京大学の講師を辞めた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン