/

この記事は会員限定です

平成の天皇と皇后 退位「玉音放送」の是非

30年の歩み(48) 平成21~30年

[有料会員限定]

歴史的既視感といえるかもしれない。予告された時刻に発せられた「玉音」が、国民の意識を一つの方向へと動かした。

2016年(平成28年)8月8日午後3時、天皇陛下の「象徴としてのお務めについてのおことば」と題したビデオメッセージが各テレビ局で一斉に放送された。11分のお言葉で退位の意向が示唆されていた。放送は3日前に宮内庁が告知し、時間も指定されていた。その時刻に多くの国民がテレビ画面に見入った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン