/

この記事は会員限定です

年金・教育・相続 制度改正で世帯の負担、どうなる?

[有料会員限定]

2019年度も家計や暮らしに関わる制度改正が相次ぐ。注目は教育や年金、相続といった分野だ。10月には消費税率の引き上げも予定されている。制度のポイントを押さえ、家計への影響度合いを見極めたい。

年金支給額は伸び率抑制

家計に関連した主な制度改正や新設を時系列で見てみよう(表A)。

今年度は公的年金の支給額を抑制するマクロ経済スライドが4年ぶりに実施された。その結果、年金額はプラス改定だが、増加率は0.1%とわずか。6月か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン