/

この記事は会員限定です

「メダル取れば」は幻想 フェンシング太田雄貴の革命

アスリート事業家の冒険(4)

(更新) [有料会員限定]

日本のオリンピック競技団体の中で最年少のトップといえば、日本フェンシング協会会長の太田雄貴だ。日本人のフェンシング史上、初の五輪メダリストとなり、2020年東京大会招致でも活躍した若きリーダーはいま、「メダル至上主義との決別」を掲げて協会改革にまい進する。五輪に愛されたアスリートらしからぬ旗印は、マイナースポーツの悲哀が原点だった。

アトラクション満載の全日本

昨年12月9日、太田はパリにいた。目覚めは早朝5時。妻でTBSア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4496文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アスリート事業家の冒険

「現役終えたら、ただの人」。人生の半ばで選手生活を終えるアスリートたちは、そんなふうに揶揄(やゆ)されてきた。だが「セカンドキャリア」という言葉がスポーツ界にも定着した昨今、現役引退に前後して事業を興す者がめずらしくない。社会の貧困を解消するため起業する者、自らが半生をささげた競技の改革に乗り出す者……。活動のフィールドを変えながら戦い続ける彼らの挑戦を追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン