2019年5月26日(日)
スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

関西馬による新スプリント王争い、混戦に

2019/4/5 12:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

年に2回行われる芝1200メートルのG1、春の高松宮記念(中京)と秋のスプリンターズステークス(中山)を2018年に連覇したファインニードル(牡6)が今年に入って引退し、どの馬がこの路線の新王者になるのかが、19年のひとつの焦点となった。3月24日に行われた今年の高松宮記念では、ミスターメロディ(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)が優勝。ただ、インコースが有利な馬場状態などに恵まれた感があり、新王者争い…

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第2回葵ステークス(25日・京都11R1200メートル芝16頭、重賞)1番人気のディアンドル(藤岡佑介騎乗)が1分8秒0で優勝、5連勝で重賞初勝利を挙げた。
 好位追走から最後の直線で抜け出し、追い込 …続き (25日 16:42)

 第86回日本ダービー=東京優駿=(26日・東京11R2400メートル芝18頭、G1)枠順が23日に決まり、デビューから無傷の4連勝で皐月賞を制したサートゥルナーリアは(3)枠6番に入った。
 皐月賞2 …続き (23日 14:57)

日本ダービーに向け、ダミアン・レーン騎手を背に調整するサートゥルナーリア(15日、栗東トレーニングセンター)=共同

 競馬の祭典、第86回日本ダービー(東京優駿=G1・芝2400メートル)は26日、東京競馬場で行われる。輸入馬も含めた現3歳世代7071頭の頂点を決める一戦で、中心になるのは皐月賞馬サートゥルナーリア …続き (21日 21:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]