令和ゆかり、大宰府脚光 「千載一遇」地元は期待
7世紀設置の行政機関

2019/4/5 11:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新元号「令和」の出典となった日本最古の歌集「万葉集」ゆかりの地、大宰府(福岡県太宰府市)への関心が高まっている。現地には早くも観光客らが詰めかけ、地元自治体は観光の起爆剤として記念行事やガイドの育成を計画している。関係者は「新元号を機に1300年の歴史を持つ大宰府を知ってほしい」と意気込む。

「ここがゆかりの地なんだ」「宴があったのはどこ?」。令和の由来の地とされる太宰府市の「坂本八幡宮」には1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]