/

上越ケーブルとNHK新潟、放送素材提供で覚書

日経クロステック

新潟県上越市と妙高市が出資する第三セクターのケーブルテレビ局である上越ケーブルビジョン(JCV)とNHK新潟放送局は、放送素材の提供に関する覚書を締結したと2019年4月3日に発表した。これにより、JCVが撮影したニュースなどの放送素材が、NHK新潟放送局を通じて新潟県全域に配信されることになる。

NHKの地方局が地域のケーブルテレビ局とこのような覚書を交わす事例はこれまでほとんどなかったという。JCVはこれまでも自社の定点カメラの映像を、NHKの気象や災害などのニュース番組に提供してきた。今回の覚書により連携の範囲が広がることで、相互の放送内容のさらなる充実を目指す。

NHK新潟放送局にとっては、要員などが限られる中で、地域放送の充実を図れる利点がある。一方、JCVは、例えば地域のイベントなどのテレビ映像を県内に発信することで、観光客を呼び込むなどの地域貢献・活性化につながることを期待する。

今後は平時に限らず、災害時などでの放送コンテンツの連携強化を視野に入れて取り組みを進めていく。

(日経 xTECH/日経ニューメディア 田中正晴)

[日経 xTECH 2019年4月4日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン