経産相、コンビニ首脳呼び異例の要請 人手不足対応を

2019/4/5 11:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンビニエンスストア店主の長時間労働問題で経済産業省が5日、大手各社に人手不足を是正する計画づくりを求めた。フランチャイズチェーン(FC)加盟店と本部の紛争は既存の法律では対処しにくいため、根拠法のない「任意の要請」という異例の措置に踏み切った。防犯など重要な社会インフラでもあるコンビニの経営を早期に安定させ、規制強化論を封じる狙いがありそうだ。

「オーナーの不満が高まっている。本部がオーナーと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]