/

イチロー、国民栄誉賞辞退 「人生の幕下ろしたときに」

菅義偉官房長官は5日の閣議後の記者会見で、米大リーグを引退したイチロー元選手への国民栄誉賞の授与の検討を見送ると明らかにした。イチロー元選手の代理人を通じて内々に打診したところ「人生の幕を下ろした時にいただけるよう励みます」と断られたという。

イチロー元選手が国民栄誉賞を辞退するのは3度目となる。菅氏は「ご本人のそういう気持ちを尊重するのは当然のことだ」と説明した。「多くの方に夢や希望を与え続けてきたスーパースターだ。国民の皆さんと共に今後の活躍を楽しみにしたい」とも語った。

記者会見で現役引退を発表する米大リーグ、マリナーズのイチロー選手(3月、東京都文京区)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン