2019年6月19日(水)

プロ野球

イチロー、国民栄誉賞辞退 「人生の幕下ろしたときに」

政治
2019/4/5 11:00
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は5日の閣議後の記者会見で、米大リーグを引退したイチロー元選手への国民栄誉賞の授与の検討を見送ると明らかにした。イチロー元選手の代理人を通じて内々に打診したところ「人生の幕を下ろした時にいただけるよう励みます」と断られたという。

イチロー元選手が国民栄誉賞を辞退するのは3度目となる。菅氏は「ご本人のそういう気持ちを尊重するのは当然のことだ」と説明した。「多くの方に夢や希望を与え続けてきたスーパースターだ。国民の皆さんと共に今後の活躍を楽しみにしたい」とも語った。

記者会見で現役引退を発表する米大リーグ、マリナーズのイチロー選手(3月、東京都文京区)

記者会見で現役引退を発表する米大リーグ、マリナーズのイチロー選手(3月、東京都文京区)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

八回、代打・陽岱鋼が右越えに勝ち越し二塁打を放つ=共同

 八回1死二塁。代打に送り出された巨人・陽岱鋼に迷いはなかった。「初球から打ちに行こう。振らないと受け身になってしまう」。決意はしていても、実際にバットを振れる打者は決して多くないが、そこは勝負師。
…続き (0:25)

3回西武1死、山川が左中間に本塁打を放つ(18日、ナゴヤドーム)=共同

【ロッテ6―2広島】ロッテは2―2の延長十一回1死三塁で代打清田が左前に勝ち越し打を放つと、鈴木や代打高浜も二塁打で続いて突き放した。救援陣が無失点でつなぎ、5番手の田中が4勝目を挙げた。広島は逃げ切 …続き (18日 22:54更新)

4回中日2死一塁、藤井が右翼線に適時2塁打を放つ(17日、ZOZOマリン)=共同

【中日5―4ロッテ】中日は0―2の四回に大島、ビシエドの連続適時打と藤井の二塁打などで4点を奪った。ロメロは11奪三振の7回4失点で4勝目。R・マルティネスが2セーブ目。ロッテは初登板の中村稔が崩れ、 …続き (17日 21:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]