2019年7月22日(月)

コカイン摘発急増 観光客に紛れる「運び屋」外国人

2019/4/7 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国の警察によるコカインの所持や使用の摘発件数が2018年に過去最多を更新した。覚醒剤を含めた薬物事犯全体の中で急増が際立っている。観光客に紛れ込んだ外国人の運び屋が持ち込むケースが多いとみられ、警察は迅速に鑑定できる新型の機材を導入して取り締まりを強める。

【関連記事】大麻・コカイン摘発最多 18年、警察庁

3月上旬、東京・渋谷のマンションにあるバーに警視庁の捜査員が踏み込んだ。バーにいた男女の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。