/

この記事は会員限定です

GAP原宿の旗艦店を閉店 ネットシフトに対応

[有料会員限定]

米系衣料品チェーンのギャップジャパン(東京・渋谷)は主力ブランド「GAP」の旗艦店、原宿店(同)を5月7日に閉店する。ネット通販に顧客を奪われる一方、人件費などのコスト負担は増しており、収益改善は難しいと判断した。

原宿店は2009年11月にJR原宿駅前に開業した。店舗面積は1637平方メートルで、銀座店(東京・中央)に並ぶ国内最大級の店舗。取扱商品数も最多の約6400種類ある。年間売上高は8億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン