「再逮捕に合理性ない、共に闘う」 弁護人が記者会見

2019/4/4 22:09
保存
共有
印刷
その他

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)の弁護人の弘中惇一郎弁護士が4日、日本外国特派員協会(東京・千代田)で記者会見し、「逮捕に合理的必要性はない」と検察に対する批判を展開した。弁護団は勾留先の東京拘置所でゴーン元会長と面会。容疑を否認しているといい「元会長と共に闘う」と徹底抗戦の構えをみせた。

弘中弁護士はオマーンを舞台とした再逮捕容疑を「目新しい案件ではなく、通常なら追起訴で収まる…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]