歌舞伎とオペラ、五輪に向け共演 日本文化を発信

2019/4/4 21:45
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は4日、都内で記者会見を開き、大会に伴い実施する文化事業の概要を公表した。日本と西洋の芸術・文化を融合させたイベントとして、歌舞伎とオペラの共演舞台を20年4月に都内で開催する。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんらが出演する予定だ。

大会の文化事業は「Blooming of Culture 文化は、出会いから花開く。」がキャッチフレーズに(4日、都内)

大会の文化事業は「Blooming of Culture 文化は、出会いから花開く。」がキャッチフレーズに(4日、都内)

会見では、文化事業のキャッチフレーズ「Blooming of Culture 文化は、出会いから花開く。」も発表された。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]