/

相模原市長選、本村氏が初当選 現職ら3人破る

(更新)

任期満了に伴う相模原市長選は7日投開票し、無所属新人で元衆院議員の本村賢太郎氏(48)が、4選を目指した無所属現職の加山俊夫氏(74)ら3人を抑え、初当選を決めた。投票率は48.91%で、前回の46.87%を2.04ポイント上回った。

JR相模原駅前の米軍相模総合補給廠(しょう)の跡地利用などが争点となった。大規模開発を進める加山氏に対し、本村氏は計画を見直して市民の意見をくみ上げることを主張。「シニア人材バンクの創設」「障がい者雇用日本一」も掲げた。

本村氏は旧民進党の出身。国民民主党など野党系のほか、自民党支持層からも一定の支持を得た。

(もとむら・けんたろう)青山学院大経卒。衆院議員。神奈川県出身、48歳。初当選

関連ニュースはトピック「統一地方選2019」(https://r.nikkei.com/local-election2019)でまとめてご覧いただけます

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

統一地方選

4年に一度の統一地方選が行われる。今年は統一地方選と夏の参院選が12年に一度重なる「亥(い)年選挙」。与野党対決となる北海道知事選などがあり、夏の参院選と合わせて結果が注目される。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン