2019年6月17日(月)

宮城県色麻町、エゴマ栽培に注力 女性人気に対応
地方創生 気になる現場

北海道・東北
2019/4/4 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県色麻町は、シソ科の植物であるエゴマの栽培拡大に力を入れている。健康志向が高まり、エゴマの実から作った油などが女性を中心に人気。だが、農家の高齢化などで生産や流通体制が整わず需要をカバーしきれてなかった。町では新設備の導入や畜産向け飼料の活用など、官民一体となって特産品の供給増をめざす。

同町は1998年ごろからエゴマを特産品として栽培し始めた。エゴマという名前だがゴマではなく、シソの仲間。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報