2019年5月22日(水)

広島市長選、松井氏が3選

統一地方選2019
政治
中国・四国
2019/4/7 20:16 (2019/4/8 2:25更新)
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う広島市長選は7日投開票され、無所属で現職の松井一実氏(66)=自民、公明、国民推薦=が、いずれも無所属新人で、自営業の金子和宏氏(51)、市民団体代表の川后和幸氏(67)=共産推薦=を破り3選を決めた。投票率は36.62%で、前回の42.78%を6.16ポイント下回った。

広島市長選で3選を決め、万歳する松井一実氏(7日夜、広島市)=共同

広島市長選で3選を決め、万歳する松井一実氏(7日夜、広島市)=共同

【関連記事】政令市長選の開票詳報

JR広島駅周辺の再開発や市街地近くでのサッカースタジアムの新設、市内中心部と郊外を結ぶ新交通システムの延伸計画など大型事業を進める市政運営への評価が争点になった。松井氏は「200万人広島都市圏構想の実現には都心の大改造が必要」と訴え、終始リードを保った。

(まつい・かずみ)京大法卒。厚生労働省総括審議官。広島県出身、66歳。当選3回

関連ニュースはトピック「統一地方選2019」(https://r.nikkei.com/local-election2019)でまとめてご覧いただけます

保存
共有
印刷
その他

政令市長選の開票詳報

2019/4/8 10:55更新

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報