浜松市長選、鈴木氏が4選

2019/4/7 20:15 (2019/4/7 22:57更新)
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う浜松市長選は7日投開票され、無所属で現職の鈴木康友氏(61)が、いずれも無所属新人で、元市議の山本遼太郎氏(32)、農業の野沢正司氏(69)=共産推薦=を破って4選を決めた。投票率は55.75%で、前回の53.56%を2.19ポイント上回った。

【関連記事】政令市長選の開票詳報

現在7区の行政区の再編や鈴木氏の3期12年の市政運営への評価が争点になった。鈴木氏は工場誘致やベンチャー支援、林業振興などの産業施策や総市債残高の削減をアピール。経済界からの支持を基盤に終始リードを保った。

(すずき・やすとも)慶大法卒。衆院議員。静岡県出身、61歳。当選4回

関連ニュースはトピック「統一地方選2019」(https://r.nikkei.com/local-election2019)でまとめてご覧いただけます
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]