2019年6月18日(火)

EV部品に新潮流 進む一体化と電子基盤刷新
EV激戦時代の処方箋(下)

エレクトロニクス
自動車・機械
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/5/16 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電気自動車(EV)激戦時代に向けて、部品メーカーもEV用の部品・要素技術の開発を加速させている。中でもとりわけ力が入っているのが、電動パワートレーンと運動制御の領域だ。電動パワートレーンでは一体化による小型・軽量・高効率・低コスト化を進め、運動制御の領域では車載電子基盤の見直しに着手している。

【前回記事】絶好調ジャガーのEV、広い車室と運動制御に先進性

■一体化進む電動アクスル

「電動アクスルは一…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報