/

この記事は会員限定です

貴金属の回収量8%増 18年、金や白金などは減少

[有料会員限定]

JX金属など主要な国内の金属回収業者でつくる触媒資源化協会(東京・港)が4日発表した2018年の貴金属回収量は前年比で8%多い700トンだった。回収量は増えたが、単価の高い金や白金の減少が響き回収金額は前年比27%少ない3096億円にとどまった。

ハードディスクドライブ(HDD)に多く含まれるルテニウムが前年の4倍に増え、全体の回収量をけん引した。18年価格が前年に比べ3倍になり、現物価格が採算コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン