/

大東建託系 グループホーム事業に参入

大東建託子会社で介護・保育サービスを手がけるケアパートナー(東京・港)はグループホーム事業にこのほど参入した。第1弾として横浜市で1日に認知症対応型のグループホームを開設した。2024年度までに5施設のグループホームを新設する計画。施設の施工から運営までグループ内で手がけることを目指す。介護需要の増加を見据え、安定した収益源に育てる。

グループホームは少人数で共同生活を送るための施設。住み慣れた地域で生活を続けやすい利点がある。介護保険制度に基づき要介護や要支援の認定を受けることが入居の条件になる。

横浜市で開設した施設名は「ケアパートナー磯子杉田・グループホーム」。通所介護のデイサービス施設を併設した。全て個室で1部屋あたりの面積は約8平方メートル。身の回りのものを自由に持ち込める。入居費は月約16万円。24時間体制で介護スタッフが常駐する。

大東建託は収益の多角化を急ピッチで進めている。グループ全体の売上高の約3割を占めるアパートの建設事業は地銀による融資厳格化の影響に直面する。ケアパートナーの拠点数は約130施設。通所介護のデイサービスが主力で、保育サービスも展開している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン