2019年5月26日(日)

キリン系、地域特産品とコラボのクラフトビール 第1弾は広島県産はっさく

サービス・食品
2019/4/4 16:52
保存
共有
印刷
その他

キリンビール子会社でクラフトビール専門店運営のスプリングバレーブルワリー(SVB、東京・渋谷)は果物や野菜など日本各地の農産物を商品開発に生かす取り組みを始める。第1弾として広島県因島産のはっさくを使ったフルーツビールを5日に発売する。3カ月に1回の頻度で新製品を開発する予定で、地域の名産品とともに店舗で提供していく。

キリン子会社のスプリングバレーブルワリーが5日に発売するフルーツビール「広島県因島産はっさく」。爽やかな香りとほろ苦さが特徴

クラフトビールを醸造するブルワリーのSVB東京(東京・渋谷)に併設した店舗で数量限定で発売する。因島産はっさくの果汁や果皮を使うことで、爽やかな香りとほろ苦さを感じるビールに仕上げた。専属の醸造家が生産地ではっさくの特徴を学びレシピを考案した。

同時に瀬戸内レモンや地鶏、揚げもみじまんじゅうなど広島の食材を使った料理も提供する。次回は7月発売をめどに開発を進める。「東京にはない地域ならではの特産品を広く知ってもらう機会になる」(キリンホールディングス)という。

価格は360ミリリットルのレギュラーサイズで1杯930円。限定数量は約1カ月分の900リットル程度。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報