2019年6月26日(水)

福岡知事選、小川氏が3選 自民推薦候補破る

統一地方選2019
政治
九州・沖縄
2019/4/7 20:09 (2019/4/8 1:56更新)
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う福岡県知事選は7日投開票され、無所属で現職の小川洋氏(69)が、いずれも無所属新人で、元厚生労働省室長の武内和久氏(47)=自民推薦=、共産党県副委員長の篠田清氏(70)=共産推薦=を破り、3選を決めた。投票率は42.72%で、前回の38.85%を3.87ポイント上回った。

福岡県知事選で当選を決め、支援者と握手を交わす小川氏(右)(7日、福岡市博多区)

福岡県知事選で当選を決め、支援者と握手を交わす小川氏(右)(7日、福岡市博多区)

【関連記事】知事選の開票詳報

小川氏の2期8年の県政運営への評価が争点となった。過去2回の知事選で小川氏を支援した自民党は今回、武内氏を推薦したことで保守分裂選挙になった。小川氏は「県民党」を掲げて幅広い層から支持を集め、終始リードを保った。

(おがわ・ひろし)京大法卒。特許庁長官、内閣広報官。福岡県出身、69歳。当選3回

関連ニュースはトピック「統一地方選2019」(https://r.nikkei.com/local-election2019)でまとめてご覧いただけます

保存
共有
印刷
その他

知事選の開票詳報

2019/4/8 10:55更新

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報