徳島知事選、飯泉氏が5選 保守分裂選挙を制す

2019/4/7 20:11 (2019/4/8 1:42更新)
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う徳島県知事選は7日投開票され、無所属で現職の飯泉嘉門氏(58)が、無所属新人で元県議の岸本泰治氏(61)、共産党新人の天羽篤氏(68)を破り、5選を決めた。飯泉氏は徳島県政史上、初めての5期目に入る。投票率は48.34%で、前回の40.63%を7.71ポイント上回った。

【関連記事】知事選の開票詳報

飯泉氏の多選が争点となった。自民、公明両党の県組織の支援を受けた飯泉氏に対し、「5期…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]