中国改革派官僚、異例の早期退任 楼・元財政相、産業政策批判が引き金か

2019/4/4 15:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国国務院(政府)は4日、全国社会保障基金理事会の楼継偉理事長が退任し、後任に劉偉財政次官が就く人事を発表した。楼氏は就任から2年5カ月で異例の早期退任となった。香港紙のインタビューで中国の産業政策を批判したのが問題視された可能性がある。代表的な改革派官僚である楼氏の厳しい処遇は、中国の言論統制が強まっていることを内外に印象づけた。

公的年金運用を担う社保基金の理事長は4~5年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]