/

5G「世界初」米韓の通信大手が宣言 前倒し合戦

(更新)

【ニューヨーク=清水石珠実、ソウル=山田健一】次世代の高速通信規格「5G」に対応した携帯通信向けサービスを巡り、米国と韓国の通信大手がそろって「世界初の商用化」を宣言する異例の事態がおきている。

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは3日、次世代の高速通信規格「5G」に対応した携帯通信向けサービスを米2都市の一部で開始したと発表した。当初は11日に開始する計画だったが、韓国でのサービス開始に先駆けるためほぼ1週間前倒しした。

3日のサービス開始はイリノイ州シカゴとミネソタ州ミネアポリス。2月には年内に30都市で5Gサービスを始める目標を明らかにしている。

これに対し、韓国SKテレコムなど通信大手3社は4日、5Gをスマートフォン(スマホ)で使えるようにする一般者向けサービスを3日深夜に始めたと発表した。

韓国の3社は5日の開通を予定していたが、米通信大手の前倒しを察知して対応したとみられ、韓国3社は「世界初は韓国だ」と主張している。

3社はSKテレコム、KT、LGユープラス。最大手のSKは、フィギュアスケート女子の元選手、金妍児(キム・ヨナ)さんら複数の芸能人を相手に「3日午後11時に5Gサービスを始めた」と説明。KTも同日同時刻に韓国南東部・大邱(テグ)の市民に韓国サムスン電子の5G対応のスマホを渡して「世界初の5Gサービスを開通した」と強調した。

通信速度が現在の100倍となる5Gの実用化には幅広い分野で産業力を高める効果が期待され、各社や国家間での競争が激しくなっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン