/

この記事は会員限定です

米、安保で審査厳格化 JDIへの台中勢出資に懸念も

[有料会員限定]

ジャパンディスプレイ(JDI)の再建を巡って懸念されているのが、米国の対米外国投資委員会(CFIUS)による規制だ。M&A(合併・買収)に詳しい弁護士によると、米国企業と取引がある企業は、当事者同士が出資で合意しても、CFIUSが待ったをかける可能性がある。昨秋にはLIXILグループがイタリア子会社を中国企業に売却する案件が断念に追い込まれた。

CFIUSは外国企業による米企業の買収に安全保障上の問題がないかどうかを審査する機関だ。昨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン