/

シンガポールのIR拡張、任天堂「マリオ」のエリアも

運営2社が7400億円を追加投資

マリーナベイ・サンズは4棟目の高層ビルを新設する(完成予想図)

【シンガポール=谷繭子】シンガポール政府は3日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の拡大計画を発表した。既存のIRを運営する米ラスベガス・サンズとマレーシアのゲンティンがカジノやホテルなどの新増設に合計90億シンガポールドル(約7400億円)を追加投資するのを認めた。マリオなど任天堂の人気ゲームキャラクターが登場するエリアも新設される。

追加投資は2社が45億シンガポールドルずつする。IRの本格的な拡張は2010年の開業以来初めて。政府は運営会社の新規参入を認めず、追加投資を条件に、2社に30年末までIR独占運営免許を与えるとした。

ラスベガス・サンズが運営する「マリーナベイ・サンズ」は既存ホテルに隣接する土地を取得し、4棟目の高層ビルを建設する。1000室の客室すべてをスイートとし超高級ホテルにする。1万5千席のイベント会場もつくる。

観光地セントーサ島でゲンティンが運営する「リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)」は2つのホテルを新たに設けるほか、テーマパークのユニバーサル・スタジオ・シンガポールに任天堂のゲームキャラクター、マリオが主役のスーパー・ニンテンドー・ワールドを新設する。

IRの重要な収入源であるカジノ部分の拡大も認める。面積ベースで3~13%の拡大を認可し、カジノ・テーブルやマシンなど機器の数の上限も大幅に引き上げる。

一方、カジノ収入に課す税金の税率と入場税の引き上げにより、税収拡大にもつなげる。最高税率を22年3月から現在の15%から22%に引き上げる。シンガポール国民と永住権保持者に課す入場税は4日から50%増の1日150シンガポールドルとする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン