駐日中国大使が交代、異例の9年 関係改善で区切り

2019/4/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=羽田野主】中国政府が程永華駐日大使を交代させる方針を固めた。在任期間が9年超と長引いており、日中関係の改善に道筋がついたためだ。後任には同じ中国外務省の日本専門家「ジャパンスクール」の孔鉉佑外務次官が就任する。

新大使の孔氏は6月に習近平(シー・ジンピン)国家主席が来日する外交日程の調整にあたる。習氏は大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議に出席し、安倍晋三首相との会談に臨む予定だ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]