福井銀行、越前市内の2支店を集約 営業力強化

2019/4/3 20:14
保存
共有
印刷
その他

福井銀行は3日、福井県越前市内の2支店を2019年度中に集約すると発表した。近隣に土地を借り、新たな支店の建物が完成次第、移転する。業務を集約することで法人営業やコンサルティング業務に従事する人材を増やし、営業力を高める。

武生西支店(越前市)を移転し、武生南支店(同)は「店舗内店舗」として営業を続ける。両支店とも駐車場の狭さなどが課題となっていた。口座やキャッシュカードなどはそのまま使えるほか、営業時間やATMの数なども変わらない。

両支店の跡地については「利用法は今後検討していく」(広報担当者)としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]