/

レース馬券売上高最高 浦和競馬場

浦和競馬場(さいたま市)で2018年度に開催されたレースの馬券の売上高は、前の期と比べ13%増の464億円と、3年連続で過去最高を更新した。開催日数を6日増やし、55日間開催したことが寄与した。埼玉県内のご当地グッズやB級グルメの出店で新規顧客の呼び込みを強化した。

浦和競馬場の入場者数は9%増の18万3375人だった。他の競馬場と共同で開催する日数を増やした。インターネット上での馬券販売も好調だったが、1日あたりの入場者数は3%減少した。

今年度は11月に地方競馬の祭典、JBC(ジャパン・ブリーディングファームズカップ)が開かれる予定。入場者数は3万人、売上高は60億円を目指す。JBC開催をきっかけに新規ファンを獲得を狙う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン