2019年4月21日(日)

トヨタがHV特許開放 サプライヤーにも変革迫る

自動車・機械
中部
2019/4/3 20:00
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は3日、ハイブリッド車(HV)など電動車の特許を無償開放すると発表した。要望に応じ他の車メーカーにトヨタのHVシステムの採用を支援していく考えも表明。「システムサプライヤーとして電動車の普及に貢献する」(寺師茂樹副社長)姿勢を強める中、電動車の部品を供給するサプライヤーも変革を迫られている。

トヨタはHVなどに必要な部品などを幅広い企業に提供する。電池とモーター、電力変換に使うパワー・コントロール・ユニット(PCU)は電動車の基幹部品で、電気自動車(EV)でも使われる。デンソーなどが供給しており、システムサプライヤーで存在感を高めるにはグループの競争力強化が欠かせない。

トヨタは2020年4月にPCUを生産する広瀬工場をデンソーに移管する。「競争力を高めるのであれば、より強いデンソーに集約するのがいい」(寺師副社長)という判断だ。デンソーとアイシンは4月、電動化の駆動モジュール部品の開発で新会社を設立した。

「オープンでも競争力がなければ、選んではくれない」。トヨタのある幹部はこう話す。かつてトヨタは技術の「囲い込み」を重視したが、今ではグループの部品メーカーが他の車メーカーと広く付き合い「他流試合」することを推奨する。オープン戦略が軌道に乗るかは、サプライヤーの変革もカギを握る。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報