2019年5月26日(日)

黒部ダム近くにインターコンチ系ホテル開業

サービス・食品
北関東・信越
2019/4/4 1:30
保存
共有
印刷
その他

関電不動産開発(大阪市)は3日、英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループと提携し、長野県大町市の「くろよんロイヤルホテル」を「ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」として2020年春に再開業すると発表した。同ホテルは人気観光地の黒部ダムに近い場所に位置する。有名ブランドの導入で外国人観光客などを取り込む狙いだ。

ロビーには暖炉を新たに設ける(新ホテルの完成予想図)

ロビーには暖炉を新たに設ける(新ホテルの完成予想図)

改装後にはフィットネス施設を新たに設けるほか、トレッキングなどのアクティビティーや観光施設の案内をするカウンターも設ける。子どもを預ける施設も新設する。21年春にはホテル隣接地に新館を設け、30室を増室。計103室となる。

同ホテルはインバウンドの人気が高い「立山黒部アルペンルート」の長野県側の入り口の近くに立地。

世界的に有名なブランドとの提携で、訪日客を取り込む。大町市に隣接し、外国人スキーヤーが急増する白馬村では18年冬に米マリオット・インターナショナルが進出しており、競争が激しくなりそうだ。

改装のため19年9月に一度営業を終了する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報