高校野球

東邦、平成最後のセンバツ王者 石川投打で主役

2019/4/3 18:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

試合時間はわずか1時間30分。決勝にしてはあっさり終わったように見えるが、試合が動く気配はあちこちにあった。

【東邦が30年ぶり選抜優勝、単独最多5度目】

一回に3点を先制した東邦の三回の守備。2死無走者から習志野の小沢が右翼へ打った。誰もが右前打と思った低い飛球は坂上の正面。先発石川の球威と小沢の打力から、かなり浅めに守っていた坂上は「大胆なポジショニングをするよう森田監督に言われている」。

四…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 日本高野連と全日本大学野球連盟は3日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で246人(高校139人、大学107人)が届け出た。17日に行われるドラフト会議で …続き (3日 19:17)

プロ野球志望表明の記者会見で笑顔を見せる大船渡高の佐々木朗希投手(2日午後、岩手県大船渡市)=共同

 高校野球で球速163キロをマークし「令和の怪物」と称される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(17)が2日、同県大船渡市内で記者会見に臨み、プロ野球志望を表明した。「レベルの高いところでプレーしたいと思 …続き (2日 20:06)

佐々木朗希投手

 高校野球で球速163キロをマークして注目を浴びる大船渡高(岩手)の佐々木朗希投手(17)が、プロ野球志望届を1日に岩手県高野連に提出したことが2日、分かった。2日夕に進路表明会見に臨み、プロを志すこ …続き (2日 11:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]