/

この記事は会員限定です

和田誠さんのジーパン 笹公人

[有料会員限定]

思えば、和田誠さんはいつもジーパンを履いている。個展の会場でも、打ち合わせの時でも、著作200冊記念パーティーで、吉永小百合さんが恭しくスピーチをしている時でさえも、さらり、と薄藍のジーパンを履いていらっしゃる。それがけっして嫌味(いやみ)でなく自然体で、不思議とフォーマルな場であっても不釣り合いな感じがしない。もしも、エリザベス女王からナイトの称号を授与される式典があったとしても、和田さんはジー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン